診療のご案内

主な診療内容

  • 内科一般(高血圧、糖尿病など)
  • 肝臓病外来
  • ピロリ菌除菌外来
  • 胃・大腸内視鏡検査
  • アレルギー外来
  • ワクチン接種
  • 禁煙外来

内科一般診療

風邪などは早めの受診が大切です。また高血圧、糖尿病、高脂血症なども定期的な通院でコントロールしていくことで 心筋梗塞・狭心症、脳梗塞などの余病を防ぐことが大切です。

胃痛や胸焼け、下痢、便秘などの消化器症状はもちろん、何となくだるい、食欲がない、ちょっと気になることがある方もお気軽にお越し下さい。 またどこの診療科にかかればいいのか迷っている方もご相談下さい、適切な病院、診療科へのご紹介も致します。

肝臓病・肝炎外来

筑波メディカルセンター病院での15年間、肝臓専門医として多くの患者様の治療に携わってきました。 肝硬変や肝細胞癌に対する治療も地域がんセンターの重要な役割でしたがC型肝炎、B型肝炎に対する治療はその後の発癌のリスクを抑制する上で大切な治療となります。 インターフェロン治療を初めとして有効な治療が確立されつつありますので是非当クリニックにご相談ください。

またウイルス性肝炎だけでなく、最近では自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変など難治性疾患のほか、以前ではあまり問題視されなかった脂肪肝なども非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)のように肝硬変に進行するものがあることがわかってきました。脂肪肝自体もメタボリックシンドロームと密接に関係しておりその改善は生活習慣病の予防に有効です。

皆様の健康なからだを維持サポートすることも当クリニックの大切な役割と考えております。

胃・大腸がん検診

胃がんは日本人に多いがんの代表で胃がん死亡率は男性では肺癌に次いで2位ですが女性では今だ1位です。 大腸がんも増加傾向にあり、実は大腸がんと直腸がんをあわせると女性では1位となり、男性では肝臓がんについで4位となります。

胃がんなどでは進行がんであっても50%以上の方が治るようになり決して怖い病気ではなくなってきました。 特に胃がん、大腸がんは早期がんであれば内視鏡で切除が可能となります。 実際に多くの患者様の内視鏡治療に携わってきましたので早期発見・早期治療の大切さを痛感しております。
内視鏡検査について


最近話題のピロリ菌


またピロリ菌も胃がんとの密接な関係が言われており、潰瘍の予防だけでなく胃がん予防として除菌療法の有用性が報告されています。
私自身も市民健康講座などを通してその啓蒙に努めてまいりましたし、700人以上の患者様の除菌治療を行ってまいりました。

50歳以上の日本人の3人中2人は胃の中にピロリ菌がいると言われています。
もしかすると自分にもいるかもしれないと不安に思っていらっしゃる方、当クリニックにお気軽にご相談にいらしてください。

ピロリ菌

また最近ではがんや潰瘍ではなくても日頃から胃の症状でお悩みの方が増加しております。ストレスの多い現代人、「胃は心の鏡」などといわれます。
ストレスなどで胃の働きが悪くなることで起きる機能性胃腸症は放っておくと体調不良や倦怠感の原因にもなりますので健やかな生活を維持するためにもまずはご相談ください。

※自費(保険不適用)でのピロリ菌除去も行っております。


診察に関して

受付は予約時間の15分前までにお済ませください。

外来診察のご案内

診察時間

月・火・水・金 午前 9:00~12:00 午後 15:00~18:30
土曜 午前 9:00~12:00 午後 13:30~16:00
休診日 木曜・日曜(第1、3、5)・祝日

※第2・第4日曜は内視鏡検査のみとなります(予約制)

※診察時間が変更となる場合がありますので、事前にお電話等でご確認ください。

お手続き

【初診】

受付にて「問診票」に必要事項をご記入のうえ下記の書類を添えて受付してください。

・保険証
・医療券など(お持ちの場合)
・他院からの紹介状・レントゲン写真など(お持ちの場合)

【再診】

当院の診療券をお持ちの方は、受付の診察券ボックスに入れてください。 受付後は、外来待合室でお名前をお呼びするまでお待ちください。

※月に一度は必ず受付に保険証をご提示下さい

コンテンツエリア底部